2018-01-17

1月

尾道に「紙片」という名前の、本と音楽の店があります。
今年私が最初に聴いた音楽は、「紙片」をテーマにいろいろな人が作った曲を集めた2枚組の美しいCDでした。
歌詞やメロディーはもちろんのこと、自分は静かに流れる音と音の間が好きなのだと改めて感じました。呼吸をするのがとても楽になる気がするのです。

店の中で使う音楽も「息継ぎができる」ことが大事な要素のひとつです。今年から、時折短い「沈黙の時間」も入るようにしてみました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

行間に流るる歌に
手指を浸して遠くまで
ここにいるけど どこにもいない

詩 池田彩乃
紙片の音楽集より

2017-12-24

さやかに星はきらめき

今年も無事に営業を終了しました。
ご来店くださった たくさんのお客さま、ありがとうございました。

1月は12日(金曜日)よりスタートいたします。
どうぞ良いお年をお迎えください。

2017-12-08

12月

風が種を運んできたのか、庭の隅に生えてきた木は、気づいた時には50cm位に育っていました。
葉の形から、下の公園に聳えている木と同じタイワンフウだとわかりました。
このままどんどん大きくなったら大変です。見る間に2mを超えた木は今、20m以上もある公園のタイワンフウの見事な紅葉に呼応するように、美しく色づいています。
この葉が落ちたら、抜かなくては...
どこか植えるところはないかなあ。

季節の紅茶は、武夷 正山小種(ラプサンスーチョン)。中国のお茶の聖地 武夷山 で作られた古式ゆかしき紅茶です。輸出向けに松の燻香をつけたラプサンスーチョンとは異なる、優しく甘香ばしい味わいを楽しんでいただけます。

今月のお菓子は12月の定番、りんごのロールケーキ他。スコンのジャムはラ・フランスです。

何しろ小さな店なのでクリスマスツリーは飾れませんが、今月はモミの木のアロマやキャンドルで寛いでいただこうと思います。

12月は23日(土曜日)まで営業いたします。
1月は12日(金曜日)からスタートです。
どうぞよろしくお願いいたします。

2017-11-08

ECM


店内の音楽は、主に手持ちのCDをiTunesにインストールしたものを音源にして、iPhoneからシャッフルモードで流しています。

当サイトの" music"のところにも書いた  "The Most Beautiful Sound Next To Silence"(沈黙の次に美しい音)はドイツ(メインスタジオはノルウェー)のレーベル、ECM (Edition of Contemporary Music) records のモットーで、いま店内で流している音楽の、CD単位で約3割が このECMのものです。

世の中の流れはダウンロードからストリーミングへと来ているようですが、ECMはジャケットも美しいので、普通の価格で買えるものはCDで揃えるようにしています。

ちなみに ECMのCDの1曲目はどれも「最も美しい音(=silence)」から始まります。

今月のコーヒーは、エチオピアとコスタリカの芳醇なナチュラル精製。
季節の紅茶は、ロヒニ農園の香気あふれるダージリン・セカンドフラッシュ。
今月のお菓子は、旬のラ・フランスを焼き込んだチーズケーキと、週替わりの焼き菓子。スコンには、紅玉のジャム。りんごの酸味とクリームがよく合います。

紅葉の季節、お散歩の途中にどうぞお立ち寄りください。

2017-10-05

10月

収穫の秋。八百屋さんの店先が賑やかですね。

今月のお菓子は、出始めの紅玉で作るアップルクランブル、かぼちゃをたっぷり使ったプリン、サワークリームが美味しいキャロットケーキなどを日替わりでご用意いたします。

気温が下がって、紅茶もコーヒーもとても美味しく感じられます。
上質なものを選んでおりますので、どうぞごゆっくりお楽しみください。

1階の2人席のりんごの木でできたテーブルは、20年以上前、開店したばかりのザ・コンランショップで買ったもので、ふたり分の道具を置くには少し小さいのですが、愛着があって使い続けています。

このテーブルにぴったりの椅子を、先日やっと見つけました。
イギリスERCOL 社のフープバックチェア。背にはCC 41というマークが刻まれていて、この椅子が1941~1951年の10年間に作られた戦時下の統制品であったことがわかります。
70年程前の(もしかしたら戦争中の)イギリスで、どんな人たちに使われていたのでしょう。
この椅子に腰かけて想像してみませんか?